(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ google_ad_client: "ca-pub-5957706481050521", enable_page_level_ads: true }); パンプスデビュー!パンプス初心者さんに伝えたいパンプスの選び方

パンプスデビュー!パンプス初心者さんに伝えたいパンプスの選び方

すべて

元・靴の販売員をしていた私です。

お仕事柄、靴はめっちゃ好きだしいろんなヒールの高さの靴を履いて1日立ち仕事をしました。

パンプスデビューのお客様の接客もたくさんしました。

 

「ヒールほとんど履かないんですけど。」

というお客様は多いです。

 

でもどうしてもパンプスが必要な場合がありますよね。

元・靴販売員が伝えるパンプスデビューの方にお伝えしたいパンプスの選び方をまとめました。

サイズとかいろいろ難しいパンプスの選び方。参考になればと思います。

スポンサーリンク

パンプス初心者さんにおすすめのヒールの高さは?

ヒールの高さは4・5cmなら履けるよ!

パンプス初心者のお客さまにおすすめしていたのは、4cm・5cmです。

この高さが、程よいヒール感もあるけど疲れにくいベストな高さなんです。

実際に履いてみると、これぐらいの高さなら

「ヒール履いている!!」という足元の負担はあまり感じません。

でも目線はちょっと高くなる~♪

背筋も伸びる~♪

そんな感覚です。

ヒールの不安定な感じが気になる方は、太目のヒールを選ぶと安心です。

6cmヒールは??

ヒールの高さが6cmになると目線が一気に変わります!

足元の感覚も「ヒール履いている!!」という感覚に。

アキレス腱が伸びている感覚があります。

ヒールによる前滑りしている感覚も6cmぐらいから感じやすいかな、と思います。

3cmヒールは??

ヒールの高さが3cm。

めっちゃ楽ですよ~~ヒールの「高さ」感は全くありません。

3cmヒールのパンプスはヒールの形によって、印象が変わります。

細身の華奢なヒールのパンプスだと、フォーマル感も増します。

慣れないうちは、不安定な感じがあるかもしれません。

バレーパンプスのような、接地面積の多い幅広いヒールのパンプスだと、ちょっとカジュアルな印象にもなります。

身長が高いのを気にされているお客さまは、3cmヒールを選ばれる方が多かったですね。

スポンサーリンク

パンプスの正しい選び方

試着したら歩く!

パンプス選びに慣れないうちは、店頭でいろいろ試着してみて下さい。

そして、必ず「歩いて」下さい。

たまに、ソファーに座ったまま靴に足を入れて

「これで大丈夫です。」

とお買い上げされる方がいらっしゃいます。

 

座った状態と歩いた状態では、足の動きは全然違います。

靴は「歩くため」の物ですからね~

試着の時は、ぜひ店内を歩き回って下さい!

同じメーカーの靴でも、同じサイズでもデザインなどによって変わるものなので。

パンプスは程よい圧迫感があるもの

パンプス初心者さんの最大の難関

スニーカーとは違う圧迫感・締めつけ感

靴の販売員がお客さまに理解していただくのに一番難しいポイントです。

パンプスはスニーカーと違ってサイズ選びが難しいんです!

緩すぎてもダメ・キツすぎてもダメ・・・

その微妙な感覚が、パンプスを履きなれていないうちは難しい。

 

パンプスは、スニーカーに比べると足を覆っている面積が少なく、そのわずかな面積で足から脱げないようにフィットしないといけない。

なので、どうしても指先部分に負担が行きがちなのです。

 

靴の構造上、いつも履いているスニーカーのサイズより下がることもよくあることです。

試着の時は、いつものサイズの前後のサイズも試着してみて下さいね。

柔らかい素材からチャレンジ

パンプスは足にフィットされるように、あえて「絞めつけられる」つくりになっています。

足は動きの多い部分なので、使用していくうちにパンプスがなじんで緩くなることもあります。

販売員の方も「履いているうちになじみますよ~」と言います。

それは正解です。

でも、素材によってはあまりなじまない素材もあります。

安価な「合成皮革」の商品などはなじみにくい素材です。

合成皮革より本革・天然皮革の方がよくなじみます。

「天然皮革」の商品でもエナメル加工されているものと、スエード素材のものはなじみ方が全然変わります。

スエード素材の方が、柔らかくなじみやすいです。

パンプスの圧迫感に慣れないうちは、スエード素材や柔らかい天然皮革の製品などを選ぶと良いと思います。

スポンサーリンク

とにかくいろいろ試着しまくる!

試着をして頂くのが販売員のお仕事です

靴の販売員にとって、試着せずに購入されるお客さまほど怖い存在はありません。

「サイズ大丈夫??」「一瞬でも良いから試着して欲しい!!」

と心から思っています。

洋服でもそうですが、メーカーによってサイズ感はそれぞれです。

しかも、靴は同じサイズ・同じでデザインでも履き心地が変わる物なんです。

靴売り場に行ったら、遠慮せずにいろいろ履試着して下さい。

初めてのパンプスです!と伝えれば、親身になって提案してくれます。

そしてお気に入りのぴったりな靴を見つけて下さいね。

パンプスを好きになると、オシャレの幅も広がりますよ~。

 

新社会人必見!お仕事服に迷ったらレンタルで解決!
洋服レンタルサービスのメリット・デメリット。デメリットを加味しても利用する価値ありな洋服レンタルサービス。

 

コメント